マンスリーマンションに関しての基礎知識を知ろう!!

現在、マンスリーマンションは、私達の生活では身近なモノになっています。とは言っても、実際にマンスリーマンションを利用した事が無いと、一体どんな賃貸物件のか具体的に分からない方も多いのではないでしょうか?ここでは、マンスリーマンションに関しての基礎知識をお届けします。是非、参考に役立てて下さいね。

マンスリーマンションとは?

マンスリーマンション

マンスリーマンションは、月単位で暮らす事ができる短期賃貸マンションです。マンスリーマンションの最大の特徴は、何と言っても生活に必要な家具・家電などが部屋に完備されている事です。なので、例えば、特定の土地に1ヵ月~半年程度の滞在予定の場合、引っ越し手配する事は面倒でお金もかかりますよね。そんな時も、マンスリーマンションを利用すれば、家具・家電を持参したり揃えたりする事も不要なので、手間や出費を抑える事ができます。但し、一般的なマンスリーマンションの設備には無い物のあるので、自分の家電を持参される方はます。しかし、必要最小限の荷物で入居でき、即日から快適に暮らせる場所がマンスリーマンションです。

利用に向いている方

マンスリーマンションは、長期出張・研修などの事情で自宅から出勤できない会社員、リフォーム中の仮住まいを探している家族、受験やインターンシップを検討している学生、お試しで1人暮らしを体験したい人など、特にこのような方々が良く利用しています。また、近年の働き方改革の影響で、特定の場所に定住せずに色々な土地で生活をしたい若者が増えており、その影響からマンスリーマンションの利用者が増加しています。
マンスリーマンションの特徴には、賃貸マンションを契約するよりも初期費用や引っ越し代を節約でき、手間や負担が少ない事が挙げられます。また、ホテル滞在と比較しても人の目を気にする事無く、普段の日常生活に近い形で生活を送る事ができます。
このように、短期滞在が必要な方で、且つ、マンスリーマンションのメリットを享受したい方には、マンスリーマンションの利用はお勧めです。

利用期間に関するよくある質問

➀最短契約期間はどの位ですか?

マンスリーマンションの利用にあたり、「最短何日から契約できるのか?」と言う質問は、よく聞かれる質問です。これに関しては、自分が契約する会社によって異なる為、一概には言えません。なので、マンスリーマンションを借りる際には、1日~利用可能で1日毎に料金加算されるシステムか、最低契約期間が決まっている料金システムか、事前に会社に確認しておく事がお勧めです。例えば、ある会社では最低契約期間を最短7日間としる場合、3日間や5日間でマンションを退出してはいけないと言う訳ではありません。残りの日数分賃料などは返金不可になりますが、極端な話1日で退出しても問題は無いのです。

②契約期間より短期間退出は可能ですか?

契約期間より短期間での退出は可能です。但し、基本的に契約日数より利用日数が短くなっても料金の返金はありません。だとすると、利用期間が決まっていない場合には、マンスリーマンションの利用は向かないの?と思われる方もいるかも知れませんが、決してそうではないのです。契約日数の決め方を工夫する事で、無駄な出費を抑える事ができます。

③はっきりと利用期間が決まっていない時は?

マンスリーマンションの利用期間が決まっていない時には、以下の2つのポイントに注目して選択するのがお勧めです。まず一つ目は、絶対に利用する期間で一先ず契約する、そして2つ目は、途中退去した場合には返金は無い事を考慮して安い長期プランで契約する、これらのポイントを天秤にかけてみましょう。
例えば、「3ヶ月滞在予定」となっていても、早めに切り上げる場合があるかも知れない場合、2ヵ月位で退去する可能性があるかも知れないとしても、1ヵ月は絶対に滞在するだろうと言う目安が立ちますよね。なので、このような場合には、一先ず1ヵ月契約をして都度契約更新していく方が、無駄な出費を抑える事ができます。しかし、「再契約が面倒」「変更の可能性は少ない」そのような場合には、1日当たりの賃料が安くなる長期プランで契約する方法も一つです。
マンスリーマンションでは、途中退去になった場合に損額を減らす為の再契約か、基本料金が安くなる事を重視した長期契約か、それは利用者の状況によって異なります。どうしようか判断に困った際には、マンスリーマンションの担当者に相談するのもお勧めです。

利用期間と賃料の関係とは?

マンスリーマンションの賃料システム

マンスリーマンションの利用期間は、1日当たりの賃料が大きく関わりまっています。殆どの場合、マンスリーマンションの契約期間が長期間になる程、1日当たりの賃料は安くなります。最短契約日数の賃料を基準に計算すると、「マンスリーマンションでの長期滞在はお金がかかる」と思われる方もいるかも知れません。しかし、実際には、長期割引が適用されるなど、大幅に費用が発生する事にはならないので、安心してレンタルして生活を送る事ができます。

利用料金の目安

マンスリーマンションの利用料金は、一般賃貸マンション同様、物件によって金額は異なりますが、1ヵ月約15万円程度が目安となっています。これは、部屋の賃料、契約手数料、布団レンタル代、清掃料、光熱費、管理費などが全て含まれた金額になります。時期によっては、キャンペーンが行われている事もあり、目安金額よりも安く利用できる場合もあります。

長期利用の場合は設備重視がポイントになる理由とは?

マンスリーマンションを選ぶ際、大事にしたいポイントには料金や立地条件など、利用者の希望や要望によって様々あるかと思います。しかし、短期赴任や研修などでマンスリーマンションを長期間利用する場合、料金には少し妥協できても、住まいの設備や周辺環境の良さは暮らしていく上でフォーカスするべき点になってきます。その理由は、1週間程度の仮住まいであれば気にならない生活の不便さも、例えば、滞在期間が1ヶ月程度になってくると意外と生活ストレスに発展する事があるからです。
自分で一度決めて住んでしまうと、特別な事態が発生しない限り、部屋を変えたり引っ越ししたりする事は無いですよね。なので、快適に生活を送っていく為にも、長期間住んでもストレスが溜まらない住環境はとても大切なポイントになってきます。
例えば、長期間暮らすのであれば、ユニットバスの部屋よりも、各設備が独立した部屋の方が快適度は高いですよね。また、中には、共用部分に有料洗濯乾燥器がある物件もありますが、長期滞在であれば自分の部屋に備え付けてある方が楽ですよね。

マンスリーマンションの多様化で個々に最適な部屋探しが可能?

現在、マンスリーマンションが多く普及している事で、一般的なマンスリーマンションはもちろん、異なる特徴を持つマンスリーマンションも色々増えてきています。なので、マンスリーマンションと一言で言っても、多様化が進んでいるので個々のニーズにマッチした物件が見つけやすくなっています。

マンスリーマンションの多様な部屋タイプ

・間取り2LDK以上のファミリー向け物件
・豪華設備で快適な生活を提供している物件
・全部屋禁煙物件
・オシャレな高層階マンション物件
・セキュリティ強化物件
・ペット可物件
・無制限Wi-Fi利用物件

このように、マンスリーマンションの強みは、自分の想像以上に普段と近い生活ができる事や、少しリッチな生活を送る事も可能な事です。これらは、ホテルや民泊とは異なり、マンスリーマンションならではのメリットであり魅力です。なので、慣れ親しんだ土地や自宅から遠く離れた場所で暮らし始める方にとっても、不安なく普段の生活と変わる事無く生活していく事ができます。不慣れな土地であっても、自分のライフスタイルに近い形で、落ち着いた暮らしを叶える事ができます。